仮設住宅に住んでいる方の孤独死問題について

仮設住宅に住んでいる方の孤独死問題について

仮設住宅に住んでいる方の孤独死問題について

仮設住宅に住んでいる方の孤独死問題について

 

地震などによる被害に遭うことによって住まいが奪われてしまうことがあります。

 

そういった時には仮設住宅で暮らすことがありますが、そこでの問題のひとつに孤独死が挙げられます。

 

周囲が気付かない内に亡くなっていたというケースは珍しいものではなく、仮設住宅の利用者に懸念される大きな問題でもあるのです。

 

仮設住宅で孤独死をしてしまう原因としては孤立してしまうからです。

 

時には親しい人がいない中での生活になりますし、さらには慣れない住まいでの生活ですので心身ともに疲労が蓄積されてしまいます。

 

そして将来に対しての不安もなくならずどんどん精神的にも追い詰められてしまうことがあります。

 

やがて人との付き合いも避けるようになり、結果的に死後に亡くなっていることに気付かれるようなことが増えているのです。

 

仮設住宅での孤独死を防止するためには自ら周囲とのコミュニケーションを図るようにすることが大切です。

 

一人でいるとどんどんふさぎ込んでしまいますので、人間関係を断たないようにしなければいけません。

 

しかしながら老人だったり人付き合いが苦手な人からするとコミュニケーションを図るのは容易なことでもないと言えます。

 

ですから周りの人間も他人に対しての関心を持つようにすることも大切です。

 

お互いに気を配り合うことで孤独になるのも防止しやすくなりますので、仮設住宅ならではこそ人間同士の付き合いを重視する生活が求められます。

 

むろん中には人付き合いをしたくないという人もいると思われますが、そういった人に対しては自治体に介入してもらうなどの工夫が必要です。"

 


トップへ戻る