知らなかった!生前契約って何?

知らなかった!生前契約って何?

知らなかった!生前契約って何?

知らなかった!生前契約って何?

 

高齢者の人口割合が増え、孤独死等のニュースも良く耳にするようになった昨今、生前契約が注目を浴びています。

 

契約者が生きているうちに、葬儀や埋葬に関すること、死後の住宅の扱い等について事前に決めておき、契約を結んでおくことを指します。

 

死後のことをしっかりと決めておくことで、老後の生活の不安を解消し、周りの人に迷惑をかけないためといった理由で、生前契約をする人が増加傾向にあるようです。

 

核家族化が進んだり、近所との関係が薄れたりしてきたことで、老後や孤独死に不安を感じている人が多いことが背景と言えそうです。

 

生前契約の主な内容ですが、葬儀の内容や費用負担、お墓の管理等の取り決めが可能です。

 

また、契約者の死後、その人が住んでいた建物の扱いや家具等の処分についても決めることができます。

 

任意後見契約をしておくことも可能で、契約者自身の判断能力が失われた時に、誰の世話になりたいか希望を出しておくこともでき、財産に関する代理権の付与についても決められます。

 

また、病気等で入院する状態になった時に、延命治療の拒否といった意思表示を公正証書を用いることで、事前に取り決めが可能です。

 

親族がいない契約者でも、老後施設を探したり葬儀のような手続きを代行してくれる所もあります。

 

また、葬儀に関しては納骨の方法等、なるべく契約者の希望にそって行うことができます。

 

死後の後片付けで、親族等になるべく負担をかけない方法の一つと言えるでしょう。

 


トップへ戻る