生前契約のメリットとデメリットを考える

生前契約のメリットとデメリットを考える

生前契約のメリットとデメリットを考える

生前契約のメリットとデメリットを考える

 

葬儀を自分の思った通りに行いたいと思う人も増えてきており、生きている時に葬儀会社を前もって決めておき、どのような葬儀を行うかも決めてしまうという生前契約をする人が増えてきています。

 

しかし、生前契約にはメリットもあれば、デメリットもありますから、両者を知った上で検討していくということが大事になってきます。

 

まず、生前契約のメリットとしては、遺される家族などに迷惑をかけることなく葬儀を行うことができるという点を挙げることができます。

 

例えば、一人暮らしであったり、子供がいない夫婦である場合、亡くなった後の葬儀やお部屋の片づけで遺された人がどうすればよいのか迷ってしまうということがありますが、生前契約ではあらかじめすべて決めてしまうので、遺された人も悩まずに済みます。

 

ですから、自分が死んだ後のことが心配で気がかりであるという人にとっては、安心することができるというメリットになります。

 

次に、生前契約のデメリットとしては、生前契約で契約していた葬儀会社が倒産してしまったり、子供と同居することになって、契約した葬儀社で葬儀ができなくなってしまったといったことが発生することがあるという点を挙げることができます。

 

また、生前契約をしたとしても、誰が喪主を行うのか、費用の負担はどうするのかといった具体的な細かい点についても、あらかじめ決めておかないと、結局遺された人たちが困ってしまうという言ことにもなるので注意が必要になってきます。

 


トップへ戻る