孤独死を防ぐ方法はあるのか

孤独死を防ぐ方法はあるのか

孤独死を防ぐ方法はあるのか

孤独死を防ぐ方法はあるのか

 

孤独死とは、誰にも看取られることなく孤独に一人で亡くなられることを指します。

 

近年、高齢者の間で増えてきており、社会問題となりつつあります。

 

厚生労働省の調査によると、60代男性が最も孤独死の危険が高く、全体のほとんどの割合を占めています。

 

男性の場合、女性よりも近所付き合いや人付き合いを行っている割合が低いことも分かっており、このことが原因として挙げられるでしょう。

 

女性の場合は、高齢になっても人付き合いが豊富な人が多いため、単身者でも孤独死を避けられる傾向にあるようです。

 

さて、この孤独死を防ぐにはどうすれば良いでしょうか。
そのための対策が、現在各自治体を中心に行われています。

 

単身者である高齢者を中心に見守りを強化し、定期的に声をかけるようにしたり、人感センサーの設置を行ったりしています。

 

また、宅配業者や新聞配達員、乳飲料の配達員などと提携し、高齢者の住宅に郵便物が溜まっていないかを確認するようにしている自治体もあります。

 

また、単身の高齢者に対しての見守り専用のスタッフを配置し、定期的に自宅を訪問して声掛けを行うなどの対策をとっているところもあります。

 

以上のように、孤独死の原因は地域や社会から孤立してしまうことにあります。

 

そのため単身の高齢者が孤立してしまわないよう、今後も定期的な訪問、声掛けを行うことが求められます。

 

地域社会で協力し合って見守ることのできる体制を維持、強化していくことが重要なのです。

 


トップへ戻る