孤独死の問題に正面から取り組むには

孤独死の問題に正面から取り組むには

孤独死の問題に正面から取り組むには

孤独死の問題に正面から取り組むには

 

一人暮らしで周囲との付き合いもなく、誰からも看取られずに亡くなってしまうことを孤独死と言い、近年増加の傾向にあります。

 

明確な定義があるわけではありませんが、亡くなってから一週間以上経過後に発見されたような場合に、孤独死とされることが多くあるようです。

 

介護サービスを利用することの多い高齢者は発見されることが多いため、実は孤独死の割合はそこまで高いわけではありません。

 

割合の大半を占めているのは60代男性で、まだ若く元気な年齢とされることから、発見が遅れるケースが増えています。

 

また、男性の方が割合が高いのは、女性よりも周囲との付き合いを持っている人が少ないためです。

 

女性は近所付き合いや親しい友人との交流などが多いため、孤独死を避けることができますが、男性の場合は人付き合いが少ないため、割合が高くなってしまうのです。

 

では、このような孤独死の問題と向き合うには、どうすれば良いのでしょうか。

 

周囲から孤立してしまうことが原因であるため、地域で単身の高齢者を見守り、繋がりを持つことが重要でしょう。

 

実際に、こうした繋がりを持つために行動を開始している自治体も多くあります。

 

専用の福祉スタッフが単身の高齢者の自宅を訪問し、定期的な声掛けを行ったり、配達業者と提携することで、高齢者宅に郵便物が溜まっていないかをチェックしたりすることです。

 

このように地域ぐるみで単身の高齢者を見守っていく姿勢を、これからも強化していく必要があります。

 


トップへ戻る