孤独死に対応したオーナー向けの保険とは

孤独死に対応したオーナー向けの保険とは

孤独死に対応したオーナー向けの保険とは

孤独死に対応したオーナー向けの保険とは

 

オーナーとしてアパートや賃貸マンションを経営する場合は、さまざまなリスクに備える必要があります。

 

火災や水漏れなどで建物が被害を被ったときは火災保険で対応できますが、孤独死のようなケースは火災保険では対応できません。

 

近年高齢の方が一人で賃貸物件に住むことも多くなっているので、オーナーとしては孤独死に対応した保険に加入しておくことも必要不可欠と言えるでしょう。
孤独死のような死亡事故が発生した際に対応できる保険商品は、部屋の原状回復費用や家賃損失が補償される内容になっています。

 

孤独死があった部屋は、一般的な清掃だけで原状回復させることは難しくなります。

 

特殊な清掃が必要になったり部屋に残った遺品を整理する必要もあるでしょう。これらの作業にかかる費用を補償してくれるので、オーナーの負担を減らすことができます。

 

孤独死に限らず死亡事故があった部屋は、キレイに清掃して原状回復を行ったとしても次の入居者が決まるまでにかなりの時間がかかるでしょう。

 

賃貸経営を行っているオーナーとしては、一部屋でも家賃収入がないことはかなりの損失になってしまいます。

 

しかし賃貸経営を行っている以上防ぎようのないリスクですから、あらかじめ保険に加入して備えておく必要があるのです。

 

家賃損失を補償する保険に加入していれば数カ月間の家賃が補償されるので安心です。

 

ただ補償額には上限が定められているため、いくつかの商品を比較して一番納得できる商品を選びましょう。

 


トップへ戻る