孤独死問題を改善していくには | 孤独死対策情報【コドスト】記事一覧

孤独死に対応したオーナー向けの保険とは

オーナーとしてアパートや賃貸マンションを経営する場合は、さまざまなリスクに備える必要があります。火災や水漏れなどで建物が被害を被ったときは火災保険で対応できますが、孤独死のようなケースは火災保険では対応できません。近年高齢の方が一人で賃貸物件に住むことも多くなっているので、オーナーとしては孤独死に対応した保険に加入しておくことも必要不可欠と言えるでしょう。孤独死のような死亡事故が発生した際に対応で...

独身は孤独死を考えておく必要がある

現代社会では独身の男女が増えていると言われています。もちろん結婚は自由ですので独身でいるのが悪いわけではありません。ただ、独身でいる場合、将来的に孤独死をしてしまう可能性があることについて考えておいた方が良いでしょう。家族を持たない場合ですと周りもすぐに気付いてくれませんので、今は自由気ままで良くても将来的に辛い現実に立たされてしまう恐れがあります。孤独死をしないためには人間関係を構築していくこと...

老人ホームでの孤独死問題

誰にも知られる事なく、最後を迎える人の数は増加し続けています。パートナーに先立たれてしまった人や、自分以外の家族と離れて暮らしていて連絡をほとんど取らない人が孤独死してしまうというケースが多いですが、たくさんの人に囲まれて生活しているはずの老人ホームでも孤独死をしてしまう人が居ます。一人暮らしをしているわけではないのに、なぜ孤独死してしまう人が多いのかというと、老人ホームに勤務する人の数が減ってい...

仮設住宅に住んでいる方の孤独死問題について

地震などによる被害に遭うことによって住まいが奪われてしまうことがあります。そういった時には仮設住宅で暮らすことがありますが、そこでの問題のひとつに孤独死が挙げられます。周囲が気付かない内に亡くなっていたというケースは珍しいものではなく、仮設住宅の利用者に懸念される大きな問題でもあるのです。仮設住宅で孤独死をしてしまう原因としては孤立してしまうからです。時には親しい人がいない中での生活になりますし、...

孤独死を防ぐ方法はあるのか

孤独死とは、誰にも看取られることなく孤独に一人で亡くなられることを指します。近年、高齢者の間で増えてきており、社会問題となりつつあります。厚生労働省の調査によると、60代男性が最も孤独死の危険が高く、全体のほとんどの割合を占めています。男性の場合、女性よりも近所付き合いや人付き合いを行っている割合が低いことも分かっており、このことが原因として挙げられるでしょう。女性の場合は、高齢になっても人付き合...

孤独死の問題に正面から取り組むには

一人暮らしで周囲との付き合いもなく、誰からも看取られずに亡くなってしまうことを孤独死と言い、近年増加の傾向にあります。明確な定義があるわけではありませんが、亡くなってから一週間以上経過後に発見されたような場合に、孤独死とされることが多くあるようです。介護サービスを利用することの多い高齢者は発見されることが多いため、実は孤独死の割合はそこまで高いわけではありません。割合の大半を占めているのは60代男...

孤独死は迷惑なのか!賛否の議論を考える

孤独死に関する意見として迷惑という声もあるようです。家族がいるのならば必要な手続きや後処理などは家族がやりますし、それが一般的でもあります。ところが身寄りのない人の孤独死ですと自治体がやることになりますので税金が使われ、そして孤独死というと周囲で暮らす人からもあまり心証が良くないと感じられることもあり、結果的に迷惑という意見も噴出してしまうことがあるのです。そして特に集合住宅の大家からすれば迷惑な...

知らなかった!生前契約って何?

高齢者の人口割合が増え、孤独死等のニュースも良く耳にするようになった昨今、生前契約が注目を浴びています。契約者が生きているうちに、葬儀や埋葬に関すること、死後の住宅の扱い等について事前に決めておき、契約を結んでおくことを指します。死後のことをしっかりと決めておくことで、老後の生活の不安を解消し、周りの人に迷惑をかけないためといった理由で、生前契約をする人が増加傾向にあるようです。核家族化が進んだり...

生前契約のメリットとデメリットを考える

葬儀を自分の思った通りに行いたいと思う人も増えてきており、生きている時に葬儀会社を前もって決めておき、どのような葬儀を行うかも決めてしまうという生前契約をする人が増えてきています。しかし、生前契約にはメリットもあれば、デメリットもありますから、両者を知った上で検討していくということが大事になってきます。まず、生前契約のメリットとしては、遺される家族などに迷惑をかけることなく葬儀を行うことができると...

トップへ戻る