くらし見守りサービス(東京ガス)の特徴とメリット

くらし見守りサービス(東京ガス)

 

通信機能付きガスメーターと東京ガスの24時間監視センターを通信回線で結ぶことにより、3つの見守り提供するくらし見守りサービスがあります。

 

まず消し忘れ確認、遠隔遮断サービスがあり、外出先でガスの消し忘れが気になった際、Webもしくは電話東京ガスがガスを遮断してくれます。帰宅後に再度電話すれば、ガスメーターの遠隔復帰も依頼できるのでかなり便利なサービスと言えそうです。

 

ガスが長時間使われているなど、いつもとは違う使い方を感知したら東京ガスから電話で知らせてくれるのが自動通報サービスです。そしてガス使用状況を事前に登録すると、家族にメールで定期的知らせてくれる前日ガス未使用のお知らせサービスがあります。

 

ガスの使用が1度もなかった場合は翌日に未使用メールで知らせてくれるので、消し忘れが気になったときなどの心配解消になりそうです。

 

東京ガスのくらし見守りサービスは、親が歳をとって日常生活に不安を感じるようになった時に助かります。自身や家族が親を見守ることが困難になった時に便利で、特に親が一人暮らしになった時などに役に立つ便利なサービスと言えそうです。

 

子供も高齢の親も、できるだけ心理的な抵抗がなく経済的な負担も少ないサービスを求めている傾向があります。そんな中、くらし見守りサービスは東京ガスのガス契約さえあれば、新しい機器を設置することなく、月500円という少額で始めることが可能です。

 

心理的な抵抗を感じにくく、経済的な負担も抑えられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

くらし見守りサービス(東京ガス)

 


トップへ戻る