孤独死防止サービスの特徴とメリット

孤独死防止サービス

 

1998年に設立されたNPO法人ボラナビでは「孤独死防止サービス」を運営していますので、特徴や利用するメリットについてみていくことにしましょう。

 

こちらの「孤独死防止サービス」の特徴とメリットは、独り暮らしをしている方が不安に感じていることが多い孤独死にならないよう、利用者にあたる独り暮らしをなさっている方が事務局に週1回電話をかけることで安否が確認できる簡単なシステムになっています。

 

万が一利用者と連絡が取れない場合には、緊急連絡者の方へ連絡が入ることとなるものです。事務局に利用者が電話をする際には、会話をする必要がなく通話料が無料となっていますし、事務局では専用電話の着信記録をチェックしているので週1回の電話がなければまず利用者へ電話をしてくれますから、忘れていたとしても心配されることはないでしょう。

 

利用者の独り暮らしの方と連絡が取れない場合に指定した緊急連絡者は、別居している家族や親戚や友人ですとか民生委員や大家さんでもかまわないといいます。

 

それから、利用する独り暮らしの方が無料で「孤独死防止サービス」を利用できる理由には、日本郵便の助成によって運営されていることがあげられます。

 

独り暮らしの方の中にはサービスを利用したいけど費用が気になっていることでしょうけど、日本郵便の助成によって無料ですから、「孤独死防止サービス」を一人でも多くの独り暮らしの方に利用していただくことが望まれるでしょう。

 

孤独死防止サービス


トップへ戻る