孤独死対策サービス記事一覧

孤独死防止サービス

1998年に設立されたNPO法人ボラナビでは「孤独死防止サービス」を運営していますので、特徴や利用するメリットについてみていくことにしましょう。こちらの「孤独死防止サービス」の特徴とメリットは、独り暮らしをしている方が不安に感じていることが多い孤独死にならないよう、利用者にあたる独り暮らしをなさっている方が事務局に週1回電話をかけることで安否が確認できる簡単なシステムになっています。万が一利用者と...

高齢者見守りサービス(SECOM)

SECOMはホームセキュリティでは業界NO1ですが、高齢者見守りサービスも提供しています。親の見守りのための最適なプランがあり、月額4700円というお得なパック料金になっています。離れて暮らす親が心配と言う人におすめで、SECOMの高齢者見守りサービスなら、離れていても安心できそうです。室内に動きがないとSECOMが確認する、安否見守りサービスもあります。トイレなど必ず通る場所にセンサーを設置する...

見守り情報配信サービス(ALSOK)

ALSOKの「見守り情報配信サービス」は、「HOME ALSOK みまもりサポート」のオプションサービスです。自宅の天井や壁に人の動きを感知するセンサーを設置して高齢者の動作を24時間見守り、メールで定期的に状況を家族宛に報告します。報告メールの配信のタイミングを生活リズムに合わせて設定できるという特徴があります。メールの間隔は5分〜900分まで任意に設定が可能です。他にも設定した時刻に報告する方...

郵便局のみまもりサービス(日本郵便)

日本郵便が提供するサービスで今注目を集めているのが、郵便局のみまもりサービスです。こちらの特徴としては、ご高齢者とそのご家族の安心安全のために、郵便局の社員が定期的に自宅に訪問して、ご家族に状況を伝えるサービスとなります。タブレットを活用して行うサービスで、生活状況はご家族のスマートフォンなどにメールで連絡がいきます。毎月一度、郵便局社員が直接ご高齢者の方に会い、30分程度会話のなかで質問を実施し...

くらし見守りサービス(東京ガス)

通信機能付きガスメーターと東京ガスの24時間監視センターを通信回線で結ぶことにより、3つの見守り提供するくらし見守りサービスがあります。まず消し忘れ確認、遠隔遮断サービスがあり、外出先でガスの消し忘れが気になった際、Webもしくは電話東京ガスがガスを遮断してくれます。帰宅後に再度電話すれば、ガスメーターの遠隔復帰も依頼できるのでかなり便利なサービスと言えそうです。ガスが長時間使われているなど、いつ...

みまもりほっとライン(象印マホービン)

象印マホービンが提供している、みまもりほっとラインは非常に人気があるサービスで、特徴としてはご高齢の方がiポットを使用することでご家族の方に利用状況がメールで届き、安否を確認することが出来るものです。電気ポットとしても十分に活用できるうえに、無線システムを搭載しておりますのでポットを置くだけですぐに使うことが出来ます。iポットを使用することで、最新の使用状況を1日2回メールで送信してくれますので、...

ミマモリエ(株式会社ミマモリエ)

核家族化が進んでいる日本においては高齢者の単独世帯がますます増加しており、離れて暮らしている高齢の親の日常が心配な子どもも少なくありません。基本的には元気で日常生活に支障が無かったとしても、高齢になればちょっとした事で怪我や体調を崩すことも多く、一人暮らしであれば異常時の発見が遅くなってしまうこともあるのです。株式会社ミマモリエが提供しているフォトスタンド型見守りモニターシステムのミマモリエは、設...


トップへ戻る