高齢者の孤独死を考える

高齢者の孤独死を考える

 

近年、死後数週間が経過した遺体が、1人暮らしの高齢者の部屋から見つかったといったニュースが見られるようになりました。

 

背景には家族や近所の関係が希薄になったことや、晩年離婚による高齢者の孤立化といったことが考えられます。

 

結婚率の低下や、離婚率の増加も要因として、2040年には1年間の孤独死による死者数が20万人に達するという予測をしているデータもあります。

 

社会問題になっている高齢者の孤独死に、効果的な対策はないのでしょうか。孤独死に拍車をかける問題としては、親に依存した生活者の増加も挙げられます。

 

親の死後は孤独死予備軍になることが予想されていて、孤独死を考える上では、この問題も解決しなければいけません。

 

高齢者へのある意識調査では、何かあった時に頼れる人の存在がいないことや、日常的にコミュニケーションをとる頻度が少ない人の割合が多いことが分かっています。

 

防止策として、介護施設へ入るといったことも挙げられていますが、お金がなかったり施設がいっぱいで待機状態であったりと、費用や供給面での問題があります。

 

見守りサービスのように、定期的に一人暮らしの高齢者の家をまわったりといった取組みも行われていますが、最も良い方法は地域と繋がりがあることだと考えられます。

 

高齢者が抱えている問題は、人それぞれでしょうが、できれば地域コミュニティーへの参加や介護施設の利用等、孤独死を防ぐための工夫が重要になると言えるでしょう。

 

 

 

 

 


トップへ戻る