孤独死の実際の現場は

孤独死の実際の現場は

 

近年では、一人暮らしをしているという人も多いものであり、孤独死の問題も浮き上がっています。

 

家族と離れて一人暮らしをしている人であれば、孤独死をしても家族の人が連絡が取れないことを不審に思って部屋を訪問して発見するということもありますが、身内がいない一人暮らしの人もいるものです。

 

この場合には、仕事をしている人であれば無断欠勤をしたことで職場の人が発見に至ることがあるものの、仕事をしていない人になればいつまでも孤独死をしていることに気づかれないこともあります。

 

賃貸住宅に住んでいれば、家賃が滞納されていることに気付いた大家さんによって発見されることもありますが、自分の家を持っている人であれば発見が遅れることによって現場はひどい状態にもなりがちです。

 

人間は、亡くなることによって腐敗が進み、体液が床に流れ出たり死臭を発することになります。

 

遺体に虫がわくことにもなり、床は畳であってもフローリングであっても拭き取っただけでは落としきれないようなシミになってしまうことが多いものです。

 

身内にとっては片付けるにも辛いものがあり、専門の業者に依頼されることが大半です。

 

特殊清掃業者では、遺品整理とともに行われていることも多く、故人の荷物を処分してくれるとともに室内の清掃まで任せることができます。

 

強力な業務用の洗剤を使用して匂いまですっきりと落としてもらえるのですが、取れない床のシミはリフォームによって換えてもらうこともできます。

 


トップへ戻る