孤独死の後始末には注意が必要です

孤独死の後始末には注意が必要です

孤独死の後始末には注意が必要です

孤独死の後始末には注意が必要です

 

核家族化が進行している現代では以前のような大家族世帯は減少、反対に年配の夫婦、そして独居老人世帯が増加しているのです。

 

ここで問題となるのは誰にも看取られずに孤独死してしまう方の存在で、様々な事情で近親者とも疎遠、都会等で普段の生活の中で近隣住民と交流の少ない方ではよりそのリスクは高まります。

 

そして大変なのが後始末で、特に発見が遅れた場合では遺体は腐敗していますし、しみ出た体液が床や壁、その他の部分に付着していますから、持ち家である場合はもちろん、賃貸物件である場合にはけっこうなリフォーム代金が発生してしまいます。

 

清掃作業は一般の方ではほぼ不可能で、基本的にはプロの清掃業者を依頼することになり、便利屋や葬儀業がサービスの一環として行うこともあります。

 

また発見までに時間がかかってしまうことは、それまでに発生する光熱費の基本料、家賃といったものも支払うことになり、孤独死した方の預貯金で賄うにしても手続きには時間がかかりますし、家族や連帯保証人が支払わなければならない状況も覚悟しなければならないのです。

 

またニオイや汚れによる風評被害によって、次の借り手が見つからなくなったという大家からの訴えが出ることもありますし、近隣住民や階下の住人が訴えを起こすこともあります。

 

近年はかなり孤独死が社会に広まっており、そのすべてが請求者の希望通りになるわけではありませんが、孤独死された遺族の心労はかなりのものとなってしまいます。

 

孤独死は現代社会では誰にでもやってくる可能性がありますから、日頃の連絡をしっかりと行うことで後のトラブルを防ぐことができるのです。

 


トップへ戻る