孤独死した芸能人達

孤独死した芸能人達

 

孤独死というのは一人暮らしの老人が心配するもの、というイメージがありますが、最近は独身の若者にも多くなっています。

 

また、人脈があると思われることが多い芸能人でも、孤独死している人はいるので、孤独死というのは誰でも起こり得るものだと解釈しても良いでしょう。

 

孤独死した芸能人では、若者に人気があった飯島愛さんなどがいます。

 

若い女性の芸能人ということで、衝撃的でもあり、覚えている人も多いものです。

 

また、海外では風と共に去りぬの映画で有名になった、スカーレット・オハラ役のビビアン・リーなどがいます。

 

知名度があり人気のある芸能人であっても晩年は静かに一人で息を引き取ることが多く、ニュースを見て他人ごとではないと感じる人も多いものです。

 

また、芸能人であっても名が知られていない人や、過去に人気があった人などは孤独死していてもニュースにならないこともあるので、知られていないこともあるでしょう。

 

孤独死した芸能人が探すととても多く出てくる可能性もあります。

 

芸能人が孤独死しやすいのは、人気がある人だと婚期が遅れてそのまま未婚になってしまったり、顔が知られているがゆえに病院にも気軽に行けず、一人で死んでしまうような結果になってしまったということもあるでしょう。

 

一人で死なないようにするためには近所付き合いが必要ですし、まめに電話をかけてくれるなどの体調や安否を気にしてくれる人を持つということが必要になってくるでしょう。

 


トップへ戻る