孤独死は対策出来るのか

孤独死は対策出来るのか

 

社会問題にもなっているのが孤独死をする老人の増加ではないでしょうか。

 

例えばしばらく姿を見ないと思っていたら自宅で亡くなっていたなどする例が増えていますし、しかも死後しばらくしてから発見されるようなこともあります。

 

このような問題を引き起こさないためにも何らかの対策が必要になるのですが、大事なのは人との付き合いを断たないようにすることです。

 

一人暮らしをしている老人の中には、誰とも付き合いがない、誰とも会話をすることがないという人が実に6割以上もいると言われています。

 

こうした孤独な老人が増えており、それが孤独死が増加する背景でもあるのです。

 

人との付き合いがないことによって孤独死をする老人が誕生してしまいますから、普段から人との付き合いを持つようにするのが基本的な対策になると言えるでしょう。

 

ただ問題は人付き合いを持つようにするためにはどうしたら良いのか?ということです。

 

社会から孤立するがゆえの孤独死の増加ですので、そもそもの人付き合いを持つのが難しい現実もあります。

 

特にすでに孤独な老人からすればコミュニティを築くのは簡単ではないのが実状でしょう。

 

それならば周りが気付いてあげる必要があります。

 

周りの人間が老人を一人にしないように気にかけてあげることが大事であり、例えば最近様子を見かけなくなった人がいるのなら自治体に相談をしてみる、マンション住まいなら管理人に話をしてみるなど、他人でも気を配ってあげることで孤独死を防げることもあるはずです。

 


トップへ戻る