孤立死とはどのような状況を指すのでしょうか?

孤立死とはどのような状況を指すのでしょうか?

孤立死とはどのような状況を指すのでしょうか?

孤立死とはどのような状況を指すのでしょうか?

 

孤立死とは、地域社会との関わりが無くなって孤立した状況の中で、病気などの理由によって死亡することを指します。

 

孤立死してしまった人は、死亡してから長期間経過した後、近所の人や行政の担当者が異変に気がつき、警察や消防に通報することによって発見されるケースが多くなっています。

 

孤立死と密接に関係ある言葉に「孤独死」と呼ばれるものがあります。

 

孤独死は、一人で暮らす人が自宅で誰にも看取られないまま病気などが原因で死亡に至ることを指しますが、これに死亡してから遺体が発見されるまでの期間がある程度長期間であることや、近所の人との交流も無く地域社会から隔絶した状態になって久しくなっていることなどといった要素が加わったものが孤立死です。

 

実際に死亡者が孤立死なのかどうかは、死亡時の状況や、司法解剖、検死などの結果から、早い段階で親戚や近隣住民などから適切な介護を受けていれば死なずに済んでいた可能性があるかどうかによって判断されます。

 

しかし、死ぬまでに至る経緯を誰かが把握しているわけではないため、判断するのは非常に難しいです。自殺や突然死の可能性が含まれてるようなケースでは、孤立死であると断定するのはより一層困難になります。

 

上記の定義は、報道等で実態が社会に認知されるにしたがってできてきたものです。

 

行政機関でも既に使い始めている言葉ではありますが、前述のように孤立死かどうかの見極めが難しいため、曖昧な定義にならざるを得ないのが現状です。

 


トップへ戻る