孤独死とはどのような状況なのか

本当に切ない孤独死とは

本当に切ない孤独死とは

本当に切ない孤独死とは

 

現在の日本では、生涯独身の人や、高齢の夫婦だけで生活をしていてどちらか一方が亡くなってしまった後、余儀なく独りで暮らしている人などが多くみられます。

 

このような人たちが不安に感じていることの一つに、孤独死があげられます。

 

孤独死と は、独りで暮らしている人が誰にも看取られることがなく亡くなってしまった場合のことを、一般的には孤独死といっています。

 

そして、亡くなってしまってから遺体が発見されるまでの期間が数日などと、すぐに発見されずにしばらく放置されたままの状態になっている場合なども、孤独死にあてはまるとされています。

 

これからの日本も、高齢者の人口は増えていくことが見込まれていて、そうしますと独りで暮らす高齢者も増えていく傾向にありますから、これから先の日本では、孤独死が大きな社会的問題になることが避けられないと考えられています。

 

現在高齢になった人では、介護サービスを利用している人や、老人ホームなどに入居している人などがみられます。

 

一方で、財産の蓄えがなくて支給される年金のみで生活をしている人などでは、自宅で苦しい生活を強いられている人も大勢いるといいます。

 

孤独死と は、独りで暮らしている人が誰にも看取られることがなく亡くなってしまった場合のことを、一般的には言いますので、ご近所の方とのお付き合いをもったり、地域とのつながりを無くすことがないように、早い時期から一歩踏み出して孤独死を防ぎたいものです。

 


トップへ戻る