孤独死の現状を知る | 孤独死対策情報サイト【コドスト】記事一覧

本当に切ない孤独死とは

現在の日本では、生涯独身の人や、高齢の夫婦だけで生活をしていてどちらか一方が亡くなってしまった後、余儀なく独りで暮らしている人などが多くみられます。このような人たちが不安に感じていることの一つに、孤独死があげられます。孤独死と は、独りで暮らしている人が誰にも看取られることがなく亡くなってしまった場合のことを、一般的には孤独死といっています。そして、亡くなってしまってから遺体が発見されるまでの期間...

悲しい孤独死の原因は

近年、増加傾向にある「孤独死」という死因。テレビで取り上げられることも増え、もはや他人事とは思えなくなってきましたね。そんな孤独死ですが、その原因は一体何なのでしょうか。理由として挙げられるいくつかの項目について、自分や周りの人に当てはめながら考えてみることにしましょう。孤独死に陥るケースとして最も多いのが、一人暮らしをしている場合です。例えば体調が急変したり何らかの病気を発症した際、一人暮らしだ...

孤独死の統計データの推移を見てみよう

近年核家族化が進むとともに未婚の男女が増えています。これにより誰にも看取られずに亡くなるという孤独死が増えています。そこで孤独死の統計の推移を見て、今後の課題を考えてみたいと思います。さていわゆる孤独死は、厚生労働省が発行している人口動態統計の死因統計から「立会い者のいない死亡」という項目から判断できます。2000年には約1000件だったのが、2007年には約1500件、2010年には2500件に...

孤独死は対策出来るのか

社会問題にもなっているのが孤独死をする老人の増加ではないでしょうか。例えばしばらく姿を見ないと思っていたら自宅で亡くなっていたなどする例が増えていますし、しかも死後しばらくしてから発見されるようなこともあります。このような問題を引き起こさないためにも何らかの対策が必要になるのですが、大事なのは人との付き合いを断たないようにすることです。一人暮らしをしている老人の中には、誰とも付き合いがない、誰とも...

孤立死とはどのような状況を指すのでしょうか?

孤立死とは、地域社会との関わりが無くなって孤立した状況の中で、病気などの理由によって死亡することを指します。孤立死してしまった人は、死亡してから長期間経過した後、近所の人や行政の担当者が異変に気がつき、警察や消防に通報することによって発見されるケースが多くなっています。孤立死と密接に関係ある言葉に「孤独死」と呼ばれるものがあります。孤独死は、一人で暮らす人が自宅で誰にも看取られないまま病気などが原...

孤独死と孤立死の違いは

少子高齢化がに伴い核家族化が進む日本では、独居老人が増え孤独死や孤立死という単語が連日新聞やニュースをにぎわわせています。ここではこれら二つの単語の意味の違いについて述べていきたいと思います。・孤独死この単語は実は明確に定義が決めれられていません。一般的には主に「自宅などで誰にもみとられることなく死亡し(突発的な重篤症状で助けが呼べなかった場合など)、その後発見されるまでに時間が経過してしまった人...

孤独死の実際の現場は

近年では、一人暮らしをしているという人も多いものであり、孤独死の問題も浮き上がっています。家族と離れて一人暮らしをしている人であれば、孤独死をしても家族の人が連絡が取れないことを不審に思って部屋を訪問して発見するということもありますが、身内がいない一人暮らしの人もいるものです。この場合には、仕事をしている人であれば無断欠勤をしたことで職場の人が発見に至ることがあるものの、仕事をしていない人になれば...

高齢者の代表的な死因は

現在、日本人の死因の一位はがん、二位は心疾患、三位は脳血管疾患で、四位が肺炎、五位が老衰、六位が不慮の事故となっていますが、年齢によってその順位がかわってきます。20代、30代まではがんよりも自殺や事故でなくなる方が多く、がんは1位ではありません。しかし40歳を超えてくるとがんが1位には行ってきます。ところが65歳以降になると、日本人全体では4位だった肺炎が3位、2位と上がってきて90歳以上の高齢...

高齢者の孤独死を考える

近年、死後数週間が経過した遺体が、1人暮らしの高齢者の部屋から見つかったといったニュースが見られるようになりました。背景には家族や近所の関係が希薄になったことや、晩年離婚による高齢者の孤立化といったことが考えられます。結婚率の低下や、離婚率の増加も要因として、2040年には1年間の孤独死による死者数が20万人に達するという予測をしているデータもあります。社会問題になっている高齢者の孤独死に、効果的...

孤独死に対応した処理屋さんとは

一人暮らしの人になれば、自宅で孤独死をしても一緒に暮らしている人がいなければなかなか発見されないことも多いものです。仕事の日に出勤をしてこないことを変に感じた職場の人が発見をしたり、別に暮らしている家族の人が最近連絡が取れないことを不審に思って発見するというケースが多いのですが、発見が遅くなることによって人間の体は腐敗が進んで家族であっても悲惨な状態に片付けるにも辛いものです。近年では、亡くなった...

孤独死した芸能人達

孤独死というのは一人暮らしの老人が心配するもの、というイメージがありますが、最近は独身の若者にも多くなっています。また、人脈があると思われることが多い芸能人でも、孤独死している人はいるので、孤独死というのは誰でも起こり得るものだと解釈しても良いでしょう。孤独死した芸能人では、若者に人気があった飯島愛さんなどがいます。若い女性の芸能人ということで、衝撃的でもあり、覚えている人も多いものです。また、海...

孤独死の後始末には注意が必要です

核家族化が進行している現代では以前のような大家族世帯は減少、反対に年配の夫婦、そして独居老人世帯が増加しているのです。ここで問題となるのは誰にも看取られずに孤独死してしまう方の存在で、様々な事情で近親者とも疎遠、都会等で普段の生活の中で近隣住民と交流の少ない方ではよりそのリスクは高まります。そして大変なのが後始末で、特に発見が遅れた場合では遺体は腐敗していますし、しみ出た体液が床や壁、その他の部分...

トップへ戻る