孤独死した場合のお墓はどうなるのか

孤独死した場合のお墓はどうなるのか

孤独死した場合のお墓はどうなるのか

孤独死した場合のお墓はどうなるのか

 

近年では、高齢化社会となりつつあります。そのため、地方などにおいては、老人の数が増えており、また、離婚や死別、また独身の状態を貫いている方などの場合には、孤独死の可能性というものがでてきてしまいます。

 

孤独死をした場合どのような対応になるのか、またお墓はどうなるのかなど疑問を感じる方もいるでしょう。

 

孤独死した場合、その方が住んでいる地域、現地で火葬することになります。

 

また、孤独死の場合には、発見が遅れることも多く、異臭など放っていることがあり、その臭いや異変に気づいた時点で発覚することが多いため、仮にその方の親族などがいる場合でも、衛生的面を考慮して、すみやかに火葬することになるといわれています。

 

親族などにより葬儀をする場合には、火葬後ということになります。

 

また、遺骨に関しては、親族がいる場合には親族により対応してもらうことになります。
また、親族などがいない場合には、各自治体によって、管理することになるでしょう。

 

一定期間、保管することになりますが、ある程度の期間が過ぎた時点で、無縁塚に埋葬されることになります。
これから先は、高齢化が進むことにもなるでしょう。

 

周囲にいるお年寄りなどに身寄りがない様子なら、定期的に声をかけたり、また、ちょっと様子を見に行ってあげるなど、周囲の住民と協力しあいながら、お年寄りをサポートしてあげることで、対応していくことも重要なことです。

 

周囲にいるお年寄りに対して、少し気を配るように心がけていきましょう。


トップへ戻る