孤独死した場合、葬儀は行われるのだろうか?

孤独死した場合、葬儀は行われるのだろうか?

孤独死した場合、葬儀は行われるのだろうか?

孤独死した場合、葬儀は行われるのだろうか?

 

独身で人生を過ごしてきてある年齢になった時や、身寄りがないという人にとって、孤独死というのはとても切実な感じになります。

 

そのような時の葬儀はどうなるのかと思ったりします。
一緒に暮らしていなくても、家族や親戚がいて葬儀を行ってくれる場合もあります。

 

そうではなく、身寄りどころか知り合いもあまりいなくて孤独死となってからも長い間気づかれずにいる時や、身寄りがあっても引き取りなどを断る場合もあります。

 

そのような時は、一般的な葬儀という儀式は行われないのが普通です。
亡くなってから長い間、そのままに放置されていた場合には衛生上もよくない状態となっています。

 

自治体で火葬をしてその遺骨、遺品は自治体が管理するようになります。
その期間もそれぞれの自治体により長さは一定ではありませんが、多くは5年程度となっています。

 

それが過ぎると無縁塚に埋葬されるようになります。
いったん無縁塚に埋葬されると多くの人と同じように埋葬されるので取り出すことはできないです。

 

孤独死となるような場合には本人の寂しさや不安な気持ちやだけでなく、いろいろな問題がでてくるようになります。

 

できれば孤独死とならないように日頃の生活をしていくことがすすめられます。

 

遠慮して家族との連絡をあまり取らない人もいますが、直接会わなくても電話やメール、インターネットなどを利用して近況を伝え合うこともできます。

 

また、近所で知り合いや友達といえる人との付き合いも大切です。
地域の高齢者に対するサービスなど利用するのも1つです。


トップへ戻る