孤独死した場合の費用は誰が負担するのか

孤独死した場合の費用は誰が負担するのか

孤独死した場合の費用は誰が負担するのか

孤独死した場合の費用は誰が負担するのか

 

孤独死には明確な定義はありませんが、一般的には、自室内で誰にも看取られることなく孤独なまま死亡することをさします。

 

孤独死が発見された場合、清掃費用や、それ以外にも水道光熱費、電話代や携帯電話の料金、健康保険や国民年金、税金など様々な支払いが発生することがあります。

 

また近年では認められない傾向が強いですが、賃貸住宅で孤独死があった場合には、大家からの損害賠償請求や近隣住民からの損害賠償請求などが発生する場合があります。

 

このように孤独死が発見された場合には、支払わなければならない費用はたくさんありますが、この費用は一体誰が負担するのでしょうか。

 

まず賃貸住宅だった場合には、一番目にその部屋を借りる際に連帯保証人になった人が、その費用を支払う義務が生じることになります。

 

連帯保証人には、孤独死した人の管理責任があり、きちんと管理しておけば孤独死は防ぐことができたという解釈により、支払い義務が生じます。

 

連帯保証人と連絡が付かない場合や、支払いの意志がない場合には法定相続人に義務が生じます。
それでも支払いができなければ、部屋の所有者が自らの判断により支払うことになるでしょう。

 

持ち家で孤独死が起こった場合には、法定相続人が支払うことになるでしょう。

 

特例として、その家を清掃することなく格安で売りに出し、購入者があらわれた場合には、その住宅を購入した人が清掃やその他の費用を支払うということになります。

 


トップへ戻る