孤独死した方のご遺体はどうなるのか!

孤独死した方のご遺体はどうなるのか!

孤独死した方のご遺体はどうなるのか!

孤独死した方のご遺体はどうなるのか!

 

最近では、自宅で誰にも看取られることがなく孤独死として、ご近所の方や自宅に訪問した業者の方などの通報があって、ご遺体が発見されるというケースが少なくないことといいます。

 

通報を受けて警察官が自宅に入って室内を捜索した際に、孤独死しているご遺体を発見した場合には、事件性が有るものか無いものかを判断する現場検証が行われることになります。

 

その結果を受けて、孤独死された方の親族などを調べて連絡をすることになります。その間、ご遺体は専用の霊安室で保管されることになり、ご遺族との連絡がとれましたら葬儀を行う運びとなるものです。

 

そこで、孤独死となった方のご遺族となる親族の方と連絡がとれない場合や、身寄りのない方であった場合ですと、警察から市区町村がご遺体を引き取って、火葬を行った後に永代供養をしている寺院などへ遺骨を納めることになるのが一般的といわれています。

 

身寄りのない方が孤独死をした場合であっても、墓地・埋葬等に関する法律に従って、市区町村がご遺体を引き取って火葬が行われ、埋葬されることになっています。

 

これから先の日本では、孤独死となる方が増えていくことが見込まれているものですから、独りで暮らしている方たちは、生前の元気な生活をしている間に、自身が亡くなった後のことについて遺言書などの方法をもって、葬儀のことやお墓のことについて等を、しっかりと書き記して残しておく準備をされることも大事になるでしょう。


トップへ戻る