孤独死したら財産は誰の手に渡るのか

孤独死したら財産は誰の手に渡るのか

孤独死したら財産は誰の手に渡るのか

孤独死したら財産は誰の手に渡るのか

 

孤独死とは誰にも看取られることなく孤独のまま死亡することをあらわす言葉です。

 

多くの場合、誰かに発見されるまでしばらく期間が経過しているケースが多く、臭いの問題などによって発見されることも多く見られます。

 

それでは孤独死した場合、財産は誰の手に渡るのでしょうか。
もちろん法定相続人がいるのであれば、その人たちに相続する権利があるでしょう。

 

しかし家族など身寄りがない人が孤独死をした場合には、その人の所有物や不動産などはどうなるのでしょうか。

 

まず最初に本当に孤独死した人の財産を相続する人がいないかを捜索する必要があります。
そのため利害関係者、もしくは検察官からの申し立てにより、家庭裁判所が相続財産管理人を選定します。

 

利害関係者とは、個人の遺言により遺贈を受けた人、故人と生計を共にしていた人などを指します。

 

家庭裁判所は相続財産管理人が選定されたこと、相続人に対して名乗り出るように2ヶ月間公告を行います。

 

それでも相続人があらわれない場合には、相続財産管理人はさらに2ヶ月間以上の期間を定め、公告を行います。

 

これと同時に債権者や受遺者に対し、債券の申し出を行うよう公告し、各債権者に債権申し出の勧告を行います。

 

それでも相続人があらわれなければ、家庭裁判所は6ヶ月以上の期間を定め、相続権主張の勧告を行います。

 

同時に債権者や受遺者へは清算手続きが行われ、故人の財産は分配されることになります。
ここまでしても財産が残っている場合には、残りは国のものとなります。

 


トップへ戻る