あまりにも悲しい若者の孤独死

あまりにも悲しい若者の孤独死

あまりにも悲しい若者の孤独死

あまりにも悲しい若者の孤独死

 

孤独死というのは、全く身寄りのない人で友人知人とも行き来や、連絡がない場合に起こることですから、どちらかといえば、高齢者層に多く起こりがちなことになります。

 

若者の場合、郷里を離れて大学に通うとか、就職先に勤めるとかでアパートとかマンションに一人暮らしとなる場合がありますが、学校の友達とか、会社の同僚とかの交流をはじめ、郷里の親御さんや親せきの方々との連絡などもあるので、孤独死というものとは縁遠いというのが普通の観測です。

 

でも、残念なことに、若者の孤独死ということも避けられなくなってきています。

 

核家族化とともに、郷里の親御さんや親せきに皆さんとの連絡も頻繁でなくなり、自分の殻に閉じこもっていると友人や知人との交流も途絶えてしまいます。

 

本来は、マンションやアパートの住人で、お隣さんをはじめ、何らかの行き来や交流、あるいは道路清掃やゴミ拾いの行事などで親しくなる機会もあるはずですが、消極的な性格の人の場合は、それすらパスしてしまうことになりかねません。

 

そのような状況で、発作的なことから心臓が悪くなったり、呼吸不全となれば、孤独死に結びついてしまいます。

 

防ぐ手立ては、一つには携帯やスマホで、緊急連絡をとれるようにしておくこと、アパートなどで万が一の時に使う火災などの警報を利用することもできるようにすることになります。

 

同時に、お互いのことですから、旅行などに出かけるときは声を掛け合うことを習慣にしておくことや、新聞や郵便物がたまっているときには様子を見合うというようなことが大事になります。

 


トップへ戻る