まだまだ若い30代の孤独死について

まだまだ若い30代の孤独死について

まだまだ若い30代の孤独死について

まだまだ若い30代の孤独死について

 

孤独死と聞いて老人を連想される方は多いはずです。

 

確かに老人に関連の強い問題でもあり、現に老人の孤独死は増えています。

 

しかし30代という若さで孤独死をしてしまう例もありますので、決して老人だけの問題でもありません。

 

なぜ若い世代でも孤独死をする例が増えているのかと言えば人間関係が希薄になっているのが大きな理由と言えるでしょう。

 

現代社会では人同士の付き合いが薄い傾向にあり、友人や恋人を持たない人も増えています。

 

家族がいる場合でも密に連絡を取るようなことはせず、電話で簡単に連絡を取れるにも関わらずそれすらもないようなこともあるのです。

 

社会的なつながりと言えば仕事だけだったりしますし、いざという時に頼れる人や気軽に話ができる人がいない若者が増加しています。

 

仕事を持っている場合ですともし無断欠勤をした場合でも同僚や上司が見にきてくれることもありますが、しかしながら会社にも仲の良い人がいない、立場の低い非正規雇用だったりすると会社の人間でもあまり気にかけてくれないこともあるのです。

 

亡くなったとしてもすぐに発見されず、死後何日も放置されるような例は珍しくありません。

 

若者の孤独死を防止するためにはやはり人との関係をしっかりと築くことが大切です。

 

普段から気にかけてくれる人を持つことが予防策にもなりますので、気軽に連絡が取れる相手を持つようにした方が良いでしょう。

 

自分を知る人間を増やすことで防げる命がありますから人間関係を希薄にしないように努め、むろん自分も周りの人間に関して関心を持つようにすることが大切です。

 


トップへ戻る