50代になったら孤独死のリスクも考えておこう

50代になったら孤独死のリスクも考えておこう

50代になったら孤独死のリスクも考えておこう

50代になったら孤独死のリスクも考えておこう

 

孤独死とは、主に一人暮らしの人が誰にも看取られることなく本人の住まいで死亡することをいいます。

 

日本では家庭が核家族化したことや平均寿命が延びたこともあって、その数は年々増加しています。東京都では毎年6000人もの人が孤独死しているという統計もあるほどです。

 

孤独死のリスクは、50代に入ると急上昇すると言われています。

 

結婚して子供がいるといった人でも例外ではありません。
昔のように子供が成人して結婚しても親と同居するというケースは少なくなりました。

 

子供が巣立って夫婦二人暮らしという家庭も多く、必ずどちらか片方が先に亡くなることになります。

 

すると、残された方は一人暮らしとなり、孤独死のリスクを抱えることになるのです。
また、非婚率も上がっていますから50代をすぎても独身で一人暮らしという人も増えています。

 

では、孤独死のリスクとはどういったものをいうのでしょうか。
まず、突然の病気などで倒れてしまった時、発見が早ければ助かったにもかかわらず、手遅れになってしまうということがあります。

 

それから、遺体が腐乱して臭いが染みついてしまったり、虫がわいたりといった住居にまつわるトラブルが起こることもあります。

 

清掃費用も高額になりますし、賃貸住宅であった場合には事故物件となってしまい家賃が大幅に下がってしまうこともあります。

 

孤独死は人とのコミュニケーションが希薄な環境で起きますから、孤独死のリスクを回避するにはできるだけ人とのつながりを持つことが重要です

 


トップへ戻る