年代別の孤独死 | 孤独死対策情報サイト【コドスト】記事一覧

あまりにも悲しい若者の孤独死

孤独死というのは、全く身寄りのない人で友人知人とも行き来や、連絡がない場合に起こることですから、どちらかといえば、高齢者層に多く起こりがちなことになります。若者の場合、郷里を離れて大学に通うとか、就職先に勤めるとかでアパートとかマンションに一人暮らしとなる場合がありますが、学校の友達とか、会社の同僚とかの交流をはじめ、郷里の親御さんや親せきの方々との連絡などもあるので、孤独死というものとは縁遠いと...

まだまだ若い30代の孤独死について

孤独死と聞いて老人を連想される方は多いはずです。確かに老人に関連の強い問題でもあり、現に老人の孤独死は増えています。しかし30代という若さで孤独死をしてしまう例もありますので、決して老人だけの問題でもありません。なぜ若い世代でも孤独死をする例が増えているのかと言えば人間関係が希薄になっているのが大きな理由と言えるでしょう。現代社会では人同士の付き合いが薄い傾向にあり、友人や恋人を持たない人も増えて...

働き盛りの40代の孤独死

以前から、都会や被災地での孤独死の問題はよく話題としてニュースでも流れています。高齢化が深刻な我が国では、これからも切り離し考えることはできない事実です。そして、その問題に最近は40代の一人暮らしの人の孤独死も増加しています。高齢者なら理解できますが、まだまだ若い40代の場合は未婚率の高さが関係しています。昔と違い、結婚という制度を選択しない生き方も今は多くなりました。このまま未婚率が高くなると、...

50代になったら孤独死のリスクも考えておこう

孤独死とは、主に一人暮らしの人が誰にも看取られることなく本人の住まいで死亡することをいいます。日本では家庭が核家族化したことや平均寿命が延びたこともあって、その数は年々増加しています。東京都では毎年6000人もの人が孤独死しているという統計もあるほどです。孤独死のリスクは、50代に入ると急上昇すると言われています。結婚して子供がいるといった人でも例外ではありません。昔のように子供が成人して結婚して...

トップへ戻る