孤独死を無くせるのか、孤独死にならない為には!

MENU

孤独死と向き合う

孤独死をストップする為の対策情報【コドスト】

 

高齢者の一人暮らしが増えている今、誰にも看取られることなく孤独死をする人も増加しています。
こうした背景には、高齢化社会と核家族化、そして社会からの孤立などの社会問題があります。

 

孤独死は、身寄りがなく、気軽に話せる友人や知人もなく、地域や社会とのつながりを持たない独居老人に起こることが多いのです。

 

現実に孤独死の発生年代は、60代、70代が最も多くなっていますが、若い世代や貧困や病気で社会から孤立した状態で一人寂しく亡くなる人もいます。
また、女性より男性の方が比率は高くなっています。

 

男性の孤独死が多い理由の一つに、家事が不得手で生活の質が低下することで健康を害しやすくなることです。
自分ではどうにもならない状況になっても、外に助けを求めることができない男性が多いのです。

 

コミュニケーションが苦手な人も多く、定年になった後、話す相手は妻しかいなく、その妻に先だたれてしまえば、誰とも話すことなく時間が過ぎてしまう日々になってしまうのです。

 

高齢化はさらに拍車がかかってきますので、孤独死も増加の一途になると予想されています。
こうした現状の中で、高齢者の孤立や孤独死を防ぐための対策は、地域が一丸となって取り組む必要があります。

 

自分の町から悲しい死を迎える人を発生させないためには、一人住まいの高齢者をいつも気にかけてあげることです。

 

地域コミュニティに誘い出したり、家に訪ねて話し相手になったりすることで、いつも誰かが気にかけていることを知ってもらうことが大事です。
地域の人と顔見知りになることで、困ったときに素直に助けを求まることができるようになります。

 

関連サイト情報(外部リンク)